Search for:
Category

日本

Category

2021年9月24日、日本自動車工業会の特恵原産地規則分科会にて「タイの関税監査の最新動向」ウェビナーで、2021年の関税法に関する主要な動向及び概要、関税監査及び通関後調査活動の特徴、タイにおける関税監査の最新動向等について、税務グループの専門家のパンヤ―・シッティサーコーンシン及び阪本法子により解説しました。

2021年9月14日、ピーラパン・タンスワン(ベーカーマッケンジー・ヘルスケア&ライフサイエンス・グループリーダー)が、世界各国のカンナビス専門家を紹介する Cannabis Law ReportのGlobal Top 200 Cannabis Lawyersに選ばれました。同誌は、クライアント調査及び業界レポートに基づくエディターの判断で、世界でカンナビスに精通する専門家の上位200人を選出し、紹介しています。

2021年9月2日、ベーカーマッケンジー・バンコクオフィス及び東京オフィスは、共同開催で「タイにおけるタイにおけるJV組成・運営・再編にまつわる法務と税務」ウェビナーを実施しました。 合弁事業(JV)の組成・運営・再編にまつわる法務・税務上の論点、競争法の観点の留意点など、ベーカーマッケンジーの企業法務専門弁護士チーム及び税務専門弁護士(阪本法子、パンヤウィット・プリーチャパン(タロウ)、ノッポーン・チャルンキッラート、高田 昭英、岡 龍太郎、遠藤 聖志、勝山 正雄)により解説しました。

2021年7月30日、盤谷日本人商工会議所 電気部会にて、「コロナ禍の労務対応とタイ政府支援策」のテーマで講演させていただきました。雇用主が知っておくべきコロナ禍における労務問題、ワクチン接種に関する労務問題、及びタイ政府による労務関連の企業支援策について、企業法務及び労働法専門家(阪本法子、ナムエーク・レクフアンフー)により解説しました。

ベーカーマッケンジー・バンコクオフィスの労務チームによる、従業員のワクチン接種について雇用主が知っておくべきことをご紹介する動画です。 動画はこちらからご覧ください。 *英語の字幕表示をお選びいただけます。 (画面の下部の「設定 (Setting) 」にてをお選びください。) ベーカーマッケンジー・バンコクオフィスのYouTubeチャンネル では、 様々な法律関連のトピックを取り上げた動画配信を行っています。 ご興味ございましたら、是非ご閲覧・ご登録ください。

2021年6月23日、ヘルスケア・ライフサイエンス・グループの「Managing Compliance Risks in the Healthcare & Life Sciences Supply Chains」ウェビナーを実施しました。本セミナーでは、ヘルスケア・ライフサイエンス分野のサプライチェーンにおけるコンプライアンス・リスクについて、ジャパン・アドバイザリーグループ共同リーダー及びヘルスケア・ライフサイエンス・グループ・リーダーのピーラパン・タンスワン、ヘルスケア・ライフサイエンス・グループの専門家(パンヤウィット・プリーチャパン、プラウィーン・チャンタナコーメート、プリム・ウディタナンダー)及びコンプライアンス・チームの専門家(ユッタナー・シワラック、ナパトーン・トームクリンチャン)により講演しました。

新しい世代の需要変化に合わせ、自動車業界の戦略は進化し続けています。シェアード・モビリティやマース(MaaS)などが主流になるかもしれません。 CASE自動車シリーズの今回の記事では、CASEの「S」である「シェアード・モビリティ」を取り上げています。 詳細につきましては、こちらをご覧ください。

2021年5月11日、12日、20日、一般産業向け(タイ語・英語)、ヘルスケア産業向け(タイ語・英語)及び日系企業向けの「関税監査の最新動向」ウェビナー実施しました。2021年の関税法に関する主要な動向及び概要、関税監査及び通関後調査活動の特徴、タイにおける関税監査の最新動向等について、税務グループの専門家(パンヤ―・シッティサーコーンシン、キーラティ・セー二ウォン・ナ・アユタヤ―)及びジャパン・アドバイザリーグループ(ピーラパン・タンスワン、阪本法子、ワルット・キッティシュンチット)により解説しました。

CASE自動車シリーズの今回の記事では、CASEの「A」である「自動運転車」を取り上げています。自動運転車は、技術開発の不断の努力により、実現する日が近づいています。次世代の車の自動運転機能は、より安全で、快適な移動・交通が期待される一方、多くの必要な関連法は整備中の段階にあります。詳細につきましては、こちらをご覧ください。