バンコク事務所、The Legal 500 アジア・太平洋 2019の全カテゴリーでTier 1を獲得

Chamber Asia Pacific と IFLR1000 で輝いた実績に続き、ベーカーマッケンジー・バンコク事務所はThe Legal 500 Asia Pacific 2019 ランキングで最上位であるTier 1を、参加した全カテゴリーで獲得しました。(注:Transportカテゴリは不参加。)

同ランキング誌の分析チームの一部の絶賛は次のとおり。

「ベーカーマッケンジーは国際視点で各国のマーケットを跨ぐ実態とグローバル基準の需要を理解している。」

「洗練された、プロフェッショナルな対応。」

「訴訟・非訴訟、全ての局面の労務問題を包括できるタイの大手法律事務所。」

今年のTier 1 ランキングを取得したカテゴリーは次のとおり。

  • 金融・ファイナンス

  • キャピタル・マーケッツ(新カテゴリー)

  • 企業法務・M&A: ジャパン・アドバイザリー・グループ(JAG)のピーラパン・タンスワンは特にヘルスケア・医薬品分野において専門性が高い「Leading Individual」を受賞した。また、JAGの共同リーダーであるスリヨン・タンスワンは、M&A、労務、不動産、及び関税法における活動が認められています。

  • 訴訟

  • 訴訟 (国際仲裁)

  • 保険(新カテゴリー)

  • 知的財産

  • 労務: スリヨン・タンスワンは、「Leading Individual」を受賞し、特にM&A、貿易法、海外汚職防止及び汚職調査に関する専門性が認められている。

  • メジャープロジェクト・エネルギー

  • 不動産・建築

  • 破産・企業再生

  • 税務

  • TMT (テクノロジー、メディア及び電気通信)