【ランキング】ベーカーマッケンジー(バンコク事務所)、チャンバーズ・アジア・パシフィック2018ガイド (Chambers Asia-Pacific 2018 Guide) で高評

ベーカーマッケンジー(バンコク事務所)は、201712月に最近発表されたチャンバーズ・アジア・パシフィック2018ガイド (Chambers Asia-Pacific 2018 Guide) 高く評価されました。

当ガイドのトップランクには、バンコク事務所の金融・ファイナンス、キャピタル・マーケット、企業法務・M&A、訴訟・仲裁、労務、保険、知的財産、プロジェクト&エネルギー、不動産、事業再生・破産、税務、合計11の主要プラクティスが記載されました。

更に、バンコク事務所の弁護士21人が当ガイドによってランクづけされました。

当ガイドは、ピーラパン・タンスワン(Peerapan Tungsuwan) は企業法務・M&Aの著名な弁護士であり、繁盛のコーポレート・プラクティスを維持しながら、製薬・天然資源分野に関する専門知識を持つ。市場評論家も、ピーラパンの『知識と問題解決』能力に感心している。」と評価しています。

同様に、当ガイドは、ジャパン・アドバイザリー・グループのパートナーであるウィロート・ピヤワッタナメーター (Viroj Piyawattanametha) について、「デット・キャピタル・マーケット(DCM) 、特に債権に関するの専門能力について市場評論家から認められている。ECMやプロジェクト・ファイナンスの知識を持つ。」と評価しています。