Peerapan Tungsuwan、2019年のClient Choiceに選ばれました

ジャパン・アドバイザリー・グループ(JAG)共同リーダー及びヘルスケア・プラクティス・グループリーダーであるPeerapan Tungsuwan(ピーラパン・タンスワン)は、法律記事出版社LexologyのHealthcare & Life Sciences分野おける2019年の「Client Choice(クライアントが推奨する弁護士)」に選ばれました。

Read More

10年連続「Most Responsive Firm of the Year」(今年の最も対応性に優れた法律事務所)

2018年のAsian-MENA の顧問代表の投票結果において、ベーカーマッケンジー・バンコク事務所は、タイにおける最も対応性に優れた法律事務所「Thailand’s Most Responsive Firm of the Year」に、10年連続で選ばれました。

また、多数の分野においても、最優秀(winner)として選ばれています。

Read More

Chamber Asia-Pacific 2019 ランキング、バンコクオフィスが首位を維持

Chamber Asia-Pacific 2019ランキングの発表では、ベーカーマッケンジー、バンコクオフィスは、昨年から始まった新たな評価カテゴリーである不動産分野を含め、次のカテゴリーでタイでの法律事務所として首位(Band 1)を着実に守り続けています。

  • Banking & Finance

  • Capital Markets

  • Corporate / M&A

  • Dispute Resolution

  • Insurance

  • Intellectual Property

  • Project & Energy

  • Real Estate

  • Restructuring / Insolvency

  • Tax

  • Technology, Media, Telecommunications (TMT)

Read More

ベーカーマッケンジー、8年連続「ビジネス法分野の女性のための最優秀国際法律事務所」に

ベーカーマッケンジー、8年連続「ビジネス法分野の女性のための最優秀国際法律事務所」に

2018年11月9日、香港で行われた「Euromoney Legal Media Group Asia Women in Business Law Awards」にて、ベーカーマッケンジーは「最優秀の国際法律事務所」を含め、合計7項目を受賞し、国別賞では、タイ、インドネシア、マレーシア、及びフィリピンの事務所が受賞しました。

Read More

ベーカーマッケンジー・バンコク事務所、2019年のIFLR1000で、再び全種目のTier 1を取得

2019年のIFLR1000ランキングでは、ベーカーマッケンジー・バンコク事務所は昨年に続き、全プラクティス種目(金融、キャピタルマーケッツ、M&A、プロジェクト開発、再編・破産)のTier 1ランクを取得しました。また、バンコク事務所のジャパンアドバイザリーグループのパートナーを含め、多数のパートナーは上記項目において高く評価されました。

Read More

ベーカーマッケンジー、ALBのアジア太平洋地域M&Aランキングで、7ヶ国がTier 1

Asian Legal Business M&A Rankings 2018では、ベーカーマッケンジーの7つオフィス(タイ、インドネシア、日本、マレーシア、フィリピン、台湾、ベトナム)が最も優れたTier 1 ランクを獲得しました。

詳細につきましては https://bmcknz.ie/2Dqx6WM (英語)をご覧ください。

【受賞・表彰】ベーカーマッケンジー、IFLR 1000 2018: Tier 1 獲得

ベーカーマッケンジーは、金融・ファイナンス、キャピタル・マーケッツ、M&A、プロジェクト開発、事業再生・破産の分野を含むIFLR 1000 Legal Directoryの全カテゴリーにおいて、Tier 1を獲得しました。さらに、多数の弁護士が各分野において「高評」、「注目されている実践者」、「ライジングスター」として評価されました。

【受賞・表彰】ベーカーマッケンジー、8年連続「世界で最も有力な法律事務所」に

ベーカーマッケンジーは、大手市場調査会社、アクリタス(Acritas) の「2017年度グローバル・エリート法律事務所ブランド指数」(2017 Acritas Global Elite Law Firm Brand Index)において、2016年と比べ、評価点が7ポイント上昇し、「世界的で最も有力な法律事務所」に選ばれました。結果として、当事務所は総合で100点を獲得し(2位の法律事務所の2倍以上の点数)、認識度、好感度、国際取引案件及び訴訟の各指標においてトップランクに位置づけられています。

【ランキング】ベーカーマッケンジー(バンコク事務所)、チャンバーズ・アジア・パシフィック2018ガイド (Chambers Asia-Pacific 2018 Guide) で高評

ベーカーマッケンジー(バンコク事務所)は、201712月に最近発表されたチャンバーズ・アジア・パシフィック2018ガイド (Chambers Asia-Pacific 2018 Guide) 高く評価されました。

当ガイドのトップランクには、バンコク事務所の金融・ファイナンス、キャピタル・マーケット、企業法務・M&A、訴訟・仲裁、労務、保険、知的財産、プロジェクト&エネルギー、不動産、事業再生・破産、税務、合計11の主要プラクティスが記載されました。

更に、バンコク事務所の弁護士21人が当ガイドによってランクづけされました。

当ガイドは、ピーラパン・タンスワン(Peerapan Tungsuwan) は企業法務・M&Aの著名な弁護士であり、繁盛のコーポレート・プラクティスを維持しながら、製薬・天然資源分野に関する専門知識を持つ。市場評論家も、ピーラパンの『知識と問題解決』能力に感心している。」と評価しています。

同様に、当ガイドは、ジャパン・アドバイザリー・グループのパートナーであるウィロート・ピヤワッタナメーター (Viroj Piyawattanametha) について、「デット・キャピタル・マーケット(DCM) 、特に債権に関するの専門能力について市場評論家から認められている。ECMやプロジェクト・ファイナンスの知識を持つ。」と評価しています。

【受賞・表彰】ベーカーマッケンジー、Most Responsive Law Firm in Asia ・ Most Responsive International Law Firm in Thailand を受賞

 

[アジア太平洋 - UAE地域法律月刊誌の「Asian-MENA Counsel」] The Asian-MENA Counsel Firms of the Year 2017 結果が発表され、ベーカーマッケンジーは9年連続でMost Responsive International Law Firm in Asia(最も対応性に優れた国際法律事務所)に選ばれました。

同様に、バンコク事務所は独占禁止・取引競争、航空、金融・ファイナンス、コンプライアンス・規制、保険、国際仲裁、訴訟・仲裁、事業再生・破産分野での受賞とともに、Most Responsive International Law Firm in Thailand(タイで最も対応性に優れた国際法律事務所)として選ばれました。

【ランキング】ベーカーマッケンジー、Legal 500アジア太平洋地域2018ランキングで上位に

ベーカーマッケンジーは、Legal 500アジア太平洋地域2018で、112人の優れた個人弁護士Leading Individuals及び次期パートナーを控えているライジング・スター弁護士「Next Generation Lawyers」を合わせ、345人が推奨弁護士と評価されました。法律事務所としては、優秀弁護士が最多数であり、企業としても最上位ランキングを獲得しました。

ベーカーマッケンジーバンコクオフィス、新マネージングパートナーを任命

ウィン・パックディージットがマネージングパートナーに就任。

ベーカーマッケンジー・バンコクオフィスのマネージングパートナーとして4年間在職したティナワット・ブッカマナ(Thinawat Bukhamana)は、ウィン・パックディージット(Wynn Pakdeejit)を新マネージングパートナーに任命したと発表した。2017年7月1日より同職に着任予定。

【受賞・表彰】ベーカーマッケンジー、Most Responsive Firm of the Year を受賞

ベーカーマッケンジーは、香港で開催されたIn-house Community Councels of the Year Awards(企業内弁護士協会が選出する年間最優秀顧問弁護士賞)で2年連続のMost Responsive Firm of the Year (即応性と対応力に最も優れた法律事務所)に選ばれました。

Read More