ワークパーミット法令改正 - ワークパーミット免除と新たな義務

2017年6月に成立した仏暦2560(2017)年外国人就労管理に関する緊急勅令(Emergency Decree on Managing the Work of Aliens B.E. 2560 (2017)(以下、「緊急勅令」)は、厳しい罰則規定を含んでいた。そのため、外国人労働者の出国ラッシュを引き起こした。これに対処するため、国家平和秩序維持評議会は同年7月4日にNCPO命令 第33/2560号(「NCPO命令」)を発令し、罰則の施行を2017年12月31日に延期した。また、労働省は国内に生じた混乱を解決するため、緊急勅令の改正を検討していた。

そして、2018年3月27日、仏暦2560(2017)年外国人就労管理に関する緊急勅令を改正する緊急勅令が立法化され、翌日3月28日より施行された。

詳細につきましては、こちらをご覧ください。