「緊急業務ワークパーミット」に関する新規定が施行

タイ法上、タイ国籍を持たない者は、タイでの業務開始前に、ワークパーミットを取得しなければならないが、これは以下を含む様々な法律に規定されている。

  •  「仏暦2521(1978)年 外国人就労法」(Alien's Work Act B.E. 2521)(廃止)
  •  「仏暦2551 (2008)年 外国人就労法」(Alien's Work Act B.E. 2551)(廃止)
  •  「仏暦2560 (2017) 年 外国人就労管理に関する緊急勅令」 (Royal Decree on Managing the Work of                    Alien B.E. 2560) (この緊急勅令により、上記二つの法律を廃止。)

詳細はこちらをご覧ください。