BOI、「スーパークラスター」計画を施行

先般、内閣による「スーパークラスター」計画承認をお伝えしたが、その続報として、投資奨励委員会(BOI)が発表した「スーパークラスター」計画の詳細についてご紹介させていただく。同計画は既に施行済みである。

BOIは、2015年10月27日付けの告示10/2558号にて、以下の活動の詳細を規定した。

·         スーパークラスター奨励対象活動

·         その他ターゲット・クラスター奨励対象活動

·         クラスター支援活動

また、同告示はクラスター設置県についても定めている。

奨励対象活動及び各条件を以下にまとめた。

1.スーパークラスター四業種

1.1奨励対象活動

–     自動車及び自動車部品(例:先端技術を利用した自動車部品の製造、安全・省エネに関わる自動車部品の製造等)

クラスター立地指定県には、アユタヤ、パトゥムタニ、チョンブリ、ラヨーン、チャチュンサオが含まれる。

–     エレクトロニクス・電気機器、通信設備(例:先進技術電化製品の製造、ミクロ電子材料の製造等)

指定県には、アユタヤ、パトゥムタニ、チョンブリ、ラヨーン、チャチュンサオが含まれる。

–     環境配慮型石油化学・化学産業(例:環境配慮型化学品・ポリマー又は環境配慮型ポリマー由来品の製造、特殊ポリマーや特殊化学品の製造等)

指定県は、チョンブリとラヨーンである。

–     デジタル産業(例:ソフトウェア、クラウドサービス、動画支援サービス)

指定県は、チェンマイ及びプーケットである。

1.2 優遇措置

–     法人税を8年間免除。(上限の有無は、2014年12月3日付のBOI告示2/2557号に基づく。)その後5年間50%減税。

–     その他の権利及び恩典はBOI告示2/2557号に基づく。

2. その他ターゲット・クラスター

2.1 奨励対象活動

–     農産加工品(例:天然原料由来活性成分の製造、医療用食品や食品サプリメントの製造)

プロジェクトは、指定県(チェンマイ、チェンライ、ランパーン、ランプーン、コーンケン)に立地すること。

–     衣類・織物産業(例:織物製品又はその一部の製造、創作的製品設計・開発センター等)

ただし、プロジェクトは指定県(カンチャナブリ、ナコンパトム、ラーチャブリ、サムトサーコーン、チョンブリ)に立地しなければならない。

2.2 優遇措置

–     法人税を最大8年間免除。(2014年12月3日付のBOI告示2/2557号に基づく。)その後5年間50%減税。

–     その他の権利及び恩典はBOI告示2/2557号に基づく。

3. クラスター支援活動

3.1 奨励対象活動

–     クラスターを支援する特定の活動も奨励対象となる。例えば、公共交通システム・大量輸送、物流サービスセンター、研究開発、工学設計等。

ただし、プロジェクトは、支援対象のクラスターと同一県に立地しなければならない。

3.2 優遇措置

–     法人税を最大8年間免除。(2014年12月3日付のBOI告示2/2557号に基づく。)その後5年間50%減税。

–     その他の権利及び恩典はBOI告示2/2557号に基づく。

4. 条件

同告示の全プロジェクトに、以下の条件が適用される。

–     プロジェクトは、同じゾーンに所在する学術機関、研究開発機関・センター、又は研究教育機関に、BOIが指定する項目の協力を提供しなければならない。(例:タレント・モビリティ、職業統合学習等)

–     申請書は2016年12月30までにBOIに提出しなければならない。

–     当該プロジェクトは2017年12月31日までに収入を得なければならない。

その他、内閣が承認した優遇措置(外国人専門家の個人所得税免除及び永住権取得)については、関連当局が細則を発表する予定である。最新情報を入手次第、ご報告させていただく。

詳細に関するお問い合わせは、ご連絡ください。

 

Benedict Wei Wen Yong
+66 2636 2000 ext. 4902
ben.yong@bakermckenzie.com

Chana Sooppipat
+66 2636 2000 ext. 4047
chana.sooppipat@bakermckenzie.com

Teerasard Nitsupharp
+66 2636 2000 ext. 4073
teerasard.nitsupharp@bakermckenzie.com