医薬品販売促進活動に関する行動規範の覚書締結

昨年、保健省が告示した医療品及び医療用品の調達及び販売実施要領を告示(以下、「実施要領告示)したが、これに続いて、タイにおける医薬品販売促進活動に関する行動規範の覚書(以下、「覚書)が締結され、医薬販売促進活動の実務基準が定められた。

この告示は、政府機関に対する法的強制力があるが、民間企業に強制されるものではない。2015325日、政府当局、専門職委員会、教育機関、医薬品業界の民間企業等、利害関係者が、覚書に署名した。この覚書は、実施要領告示と同じような基準を定めるもので、主な目的は、様々な利害関係者間での医薬販売促進活動の実務基準を確立することである。

覚書の主な内容は次のとおり。

·         医薬処方者による会議・セミナー参加及び研究活動へのスポンサー基準

·         製薬会社又は医療情報担当者が医薬品購入を促す目的で、医薬処方者に利益供与することを禁止

·         製薬会社に対し、自社製品の使用を促すことなく、販売促進を裏付ける信頼できる科学的証拠や学会を通じて、正確かつ完全な情報を提供することを義務化

覚書に基づく基準の最終版が現在確認中であり、署名日より3ヶ月以内に施行されると思われる。

 

Peerapan Tungsuwan
Partner

Yuthana Sivaraks
Partner